女性に多いうつの特徴とは

うつは現代社会における大きな病気の一つで誰にでも発症しうる病気でもあります。
男女問わず発症する病気で、気分が落ち込んだり憂鬱な気持ちになって全く意欲が湧かない状態になってしまうという症状が中心です。

学業のストレスや仕事のストレスやトラウマなどさまざまな要因が引き金となって発症します。
特に出産や育児はノイローゼ状態に陥る人が多く、悩みを抱えることは一般的です。
仕事に関する女性特有のストレスや出産・育児に関するストレスなどが女性のうつの要因となることが多いです。

女性のうつは、薬やカウンセリングで治療します。
薬は、妊娠中や母乳をあげている最中なら気をつける必要があり、処方する医師も注意が必要となってきます。
さらに、大量の投薬は生理などにも影響してくる可能性があるため、配慮をすることが大事です。

また、カウンセリングは同年代または年上の同性のカウンセラーによる診断が効果的です。
同性なら悩みを親身になって聞いてくれて、的確なアドバイスを受けることができます。
さらに、デリケートな悩みや深刻な悩みを詳しく聞いてもらうことも可能です。
なので、同性のカウンセラーによるカウンセリングは治療として大きな効果があります。

そして、彼氏や夫の協力も重要です。出産に向けて二人で備えたり、育児に協力をしたりとできることは多いです。
サポートを男性にしてもらえることで精神的な負担や悩みを取り除くことができて、完治へと近づきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です